憧れのシステムキッチンをセミオーダーするならLAアーキテクツ

0120-568-310

火曜及び水曜定休/営業時間 9:30〜17:30

火曜・水曜定休/営業時間 9:30〜17:30



ステンレスキッチンの掃除方法
~ピカピカに磨いてきれいなシンクをキープ~

最初の頃はピカピカと光沢のきれいなステンレスキッチンですが、気が付いたら白い水垢がこびりついている…。
せっかくのステンレスキッチンも汚れが目立っては、清潔感も美しさもありません。
それを避けるためにこまめに掃除をしても、汚れは発生してしまう。
どうすればピカピカに保てるのか、まずはその原因を知って、適した掃除を行いましょう.

ステンレスキッチンが汚れてしまう原因とは?

キッチンでは料理を行うだけではなく、食器や調理器具、食材などを洗うので、多くの汚れが付着しやすい箇所でもあります。
そのためこまめに掃除をしてもどうしても生じてしまいます。
主にステンレスキッチンに発生してしまう汚れは以下3つです。

・水垢
・カビやヌメリ
・油汚れ


各々の汚れが発生してしまう原因とその特徴を紹介します。

水垢汚れの原因と特徴

水道水に含まれている「カルシウム」「マグネシウム」などのミネラル成分が乾燥して固まってしまったものが水垢です。
水分が蒸発した後にミネラル成分が残り、それが積み重なることにより白っぽくウロコ状の汚れが生じてしまいます。
つまりどれだけしっかり掃除をしても、水分が残っている限り水垢はできてしまいます。

カビやヌメリの原因と特徴

ヌメリを生じさせてしまう原因は主に雑菌と言われています。
雑菌は生ゴミや油分などをエサとして繁殖してしまい、どんどんヌメリの範囲を拡大させていきます。
ステンレスキッチンだけでなく、一般的にキッチンには排水溝自体にゴミ受けが付いているタイプが多く、
そのまま調理ゴミを流してそのままにしてしまうことが雑菌の繁殖を手伝う一因となっています。
その結果ヌメリやカビが発生してしまいます。
特に梅雨や台風シーズンなど多湿期にはカビも発生しやすくなるので、食中毒など身体に害を及ぼす前に掃除することが大切です。

油汚れの原因と特徴

ステンレスキッチンだけでなくキッチンと油汚れは切っても切れない関係です。
調理するにあたって油を使用する頻度は非常に多いです。
その上、使用後の食器や調理器を洗おうとしても油はなかなか落ちにくく、その場に留まってしまう傾向にあります。
油自体が先述のカビやヌメリの原因である雑菌のエサになり得るため、そういった二次汚れを誘発してしまう懸念があります。
もし長時間油汚れを放置してしまうと固まってしまい、どんどん落ちにくくなってしまいます。
ヌメリ・カビを誘発しないためにも早めの掃除が必要となってきます。

ステンレスキッチンを掃除するときにおすすめのグッズ7選

汚れてしまったステンレスキッチンに輝きを取り戻すための、おすすめ掃除グッズを紹介します。

・重曹(じゅうそう)
・クエン酸
・クリームクレンザー(マイルドタイプ)
・スプレーボトル
・スポンジ
・ペーパータオル
・クロス


ステンレスキッチンの掃除は日々こまめにやっていただきたいので、なるべくご家庭にあるようなものを紹介しています。
それに加えて、キッチンは食材を扱う場所なので、なるべく身体に害の少ない成分の掃除グッズの使用をおすすめします。

オススメは”重曹”と”クエン酸”を用いたお掃除

重曹は「石鹸カス汚れ」や「油汚れ」「ヌメリ」などに効果的です。
軽度な汚れには水100mlに対して、小さじ1杯の重曹を入れて重曹水を汚れに馴染ませて落とすことができます。
しかしサラサラと流れてしまうので、スプレーボトルに入れるなどし、噴射する方が効率的です。
その後スポンジやペーパータオルで拭くとキレイに落ちているはずです。

クエン酸は「水垢」を落とすのに適しています。
水100mlに対してクエン酸小さじ1/2を混ぜ入れ、水垢が目立つ箇所にスプレーして1時間程放置して、
スポンジやペーパータオルで拭いてあげてください。
どうしても重曹やクエン酸では落ちない、という頑固な汚れにはクリームクレンザーで掃除ができるように備えておきましょう。
また掃除したあとの水分などが残っていると水垢が発生してしまうので、クロスで水分を除くようにしましょう。

水垢汚れの掃除方法

ステンレスキッチンの水垢には「クエン酸スプレー」が最適です。

【用意するもの】
・クエン酸:小さじ1
・水:200ml
・スプレーボトル:1本
・キッチンペーパー:汚れの範囲と同等量
・スポンジ:1個
※柔らかいスポンジの方が傷が付きにくいです
・クロス
※なければキッチンペーパーで代用も可能です


水垢自体が「アルカリ性」の汚れのため、酸性の性質をもつクエン酸で中和させ汚れを柔らかくし、浮かべることができます。


【方法】
①スプレーボトルに水を注ぎ入れ、そこにクエン酸を加えてしっかり混ぜ合わせます。
②水垢が目立つ箇所にキッチンペーパーを被せ、そこにクエン酸スプレーを噴射していきます。
これによってシンクの側面や、蛇口などにもクエン酸がしっかり留まって浸透してくれます。
③そのまま1時間程置いておきます。もし水垢の程度がひどい場合は2時間程しっかり浸透させてもOKです。
 ただし、長時間の放置やクエン酸の濃度が濃い場合はステンレスを痛める可能性がありますので、お気をつけください。
④キッチンペーパーを剥がし、スポンジでこすり落とします。
スポンジの硬い面でこすってしまうとステンレスキッチンに傷を付けてしまう恐れがあるため、柔らかい面でこすり落とすようにしましょう。
⑤最後にクロスなどでステンレスキッチンを拭いてください。
水分が残っているとまた水垢が発生してしまう可能性があるため、掃除後は水垢予防として水気を取ってください。
⑥クエン酸と塩素系漂白剤は一緒に使用しないでください。有毒ガスが発生します。

カビやヌメリ汚れの掃除方法

カビ・ヌメリには「重曹」と「クエン酸」の両方を使って解消させます。

【用意するもの】
・クエン酸:小さじ2
・重曹:1カップ
・ぬるま湯:200ml
・歯ブラシ:1本
※あれば便利です


水垢自体が「アルカリ性」の汚れのため、酸性の性質をもつクエン酸で中和させ汚れを柔らかくし、浮せることができます。


【方法】
①排水口に重曹をまんべんなく振りかけます。
②その上にクエン酸をかけます。
③ぬるま湯を少しずつ重曹とクエン酸を振りかけた箇所にかけていくとブクブクと泡が発生します。
※一気にかけてしまうと粉を落としてしまうことになるので注意してください。
※泡に害はありません。
④そのまま30分放置し、お湯で洗い流します。
※30分以上置いてしまうと、汚れが逆に固まって定着してしまうので注意してください。
⑤それでも汚れが落ち切らない場合は歯ブラシなどで絡め取るように拭き取ってください。

ステンレスキッチンの輝きをよみがえらす方法

ステンレス当初の輝きがなくなって来た時にはステンレスクリーナーの使用をお勧めします。
ステンレスクリーナーには清掃成分とステンレス表面の保護材(ワックス)が含まれているので、掃除の仕上げ材に使用してください。
また、その頻度はステンレスがひどく曇ってきたと感じる時以外は、数ヶ月、半年に1回というペースで良いと思います。
なぜなら、保護成分(ワックス材)がはいている為、ステンレス全体を磨かないとムラができてしまうためで、無理の無い頻度での使用をお勧めします。
ステンレスクリーナーを選ぶときは必ず植物成分でできている物を選んでください。

ステンレスやキッチンをキレイに保つ方法

これまで、生じてしまった汚れの落とし方・掃除の仕方を紹介してきましたが、
ステンレスキッチンをピカピカに保つために意識してほしいことはたった2つだけです。

①週に1回は掃除を行う
②キッチンを使用した後は、水気を拭くことを習慣づける

もちろんステンレスキッチンの主な汚れとされる「水垢」「カビ・ヌメリ」「油汚れ」が生じてしまったら掃除で落とせばいいですが、
汚れを落とす為に時間を置く必要があったりと、こまめに行うのはなかなか骨が折れる作業です。
日頃からキッチン使用後に水分を拭き取るだけでも、汚れの予防となり手間も省けますし、ステンレスキッチン特有のピカピカと美しい状態を保つことができます。

さいごに

ステンレスキッチンは元がピカピカと美しいので、少しの汚れが目立ってしまうことがあります。
しかし、正しい掃除の仕方を知っているだけで解消でき、日々の予防でキレイな状態を保つこともできます。
プロに頼んだり、強い洗剤を使う前に是非これらの方法を試してみてください。
 
 

納期のこと、価格のこと、その他ご要望など、まずは何でもご相談ください

火曜及び水曜定休/営業時間 9:30〜17:30

納期のこと、価格のこと、その他ご要望など、まずは何でもご相談ください

火曜及び水曜定休/営業時間 9:30〜17:30